バストアップは難しくない|膨らむ女性らしさを武器にする

女性

情報を集めて安心な豊胸を

女性

豊胸は美容外科選びが重要

バストにコンプレックスを持っている女性の悩みを解決してくれるのが、美容整形によるバストアップです。最近は、整形もすっかり一般に普及し、だれでも抵抗なく受けられるものになりました。長い間悩んでいたバストにまつわる問題が解消できるとあって、女性たちの間で話題にのぼることも多くなってきています。とはいえ、整形によるバストアップは身体に直接施術を行うものなので、実際に受ける前に必要な情報や知識を得ておくことが大切です。キャンペーン広告などの中には、お客を呼び集めるために魅力的でキャッチ−な内容だけをアピールしているようなものも散見されるので、どのクリニックでどんな施術を受けるかは慎重に決める必要があります。整形によるバストアップにはいくつかの方法がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。安易にクリニック選びをしてしまうと施術結果に満足できないばかりか、ときには健康がそこなわれる恐れもあるのです。ですからバストアップのデメリットについても、メリット同様わかりやすく説明してくれるクリニックを選びましょう。信用できるクリニックは、ホームページを見ても整形のリスクについてきちんと解説しています。

それぞれの豊胸法の特色

美容整形によってバストアップするには、使う素材の耐久年数や費用、メスを使うか使わないかなど、希望条件によって自分の受けたい施術法を医師と相談しながら決めることができます。整形によるバストアップには、後でメンテナンスが必要な場合や経年劣化のために施術をし直す必要のある場合などが想定されるので、わからないことは納得いくまで質問することが大事です。はじめてバストアップのために整形にチャレンジする人には、ヒアルロン酸を注入する施術法がもっとも試しやすい方法でしょう。注射器で注入するだけで切開の必要がないため、身体へのダメージも少ない方法です。ただし、後でしこりになって残るのを防ぐために、ヒアルロン酸注入を慎重に行ってくれる医師を選ぶことが重要です。シリコンバッグを胸に入れる施術法も、昔から行われていますが今でもポピュラーな方法です。最近はシリコンバッグも昔のものと比べて安全性や使用感が改善されてきています。ただ、年数が経てば劣化して摘出する必要が出てくることもあります。また、体細胞組織とシリコンバッグとの間に石灰化と呼ばれる現象が起こる場合もあるので、不安に感じることがあれば何でも医師に相談しておくとよいでしょう。最近では、自分の脂肪を吸引により取り出して、胸に注入することでバストアップする整形法もあります。これだと自分の脂肪なので拒否反応の心配がなく、自分の乳房そのもののナチュラルな感触になるのが魅力です。この方法もヒアルロン酸同様、注入量を慎重にコントロールしてもらうことが大切です。

バストを大きくしませんか

バスト

整形でバストアップできます。ヒアルロン酸注入や脂肪注入は1,2カップ程度、シリコンバックならもっと大きくできます。今後も人気は衰えず、バストを大きくしたり、美しい形を求める人は多いでしょう。技術も進化していくはずです。

Read More...

女性のコンプレックス解消

診断

バストアップの方法はヒアルロン酸注入、脂肪注入、シリコン挿入の三種類がメインとなりますが永久的に持続できるものやそうではないもの、体型によっては施術不可能なものなどそれぞれメリットデメリットや予算も変わってくるので医師とよく相談の上整形に臨みましょう。

Read More...

大きなバストへ

整形

自力でバストアップがダメでも整形でバストを大きくできます。いろいろな方法があるので、どんな方法があるかを頭に入れましょう。今後はますます見た目が気になる人が増えるでしょうから、より多くの美容外科で豊胸できるようになるでしょう。

Read More...

豊かなバストにするために

女性

バストアップのための施術は、様々な方法でおこなわれています。プロテーゼを挿入する整形手術では、2〜3段階のサイズアップが可能です。脂肪注入では、脂肪を採取した部位の痩身効果も出てきます。ヒアルロン酸注射は、施術が短時間で終わります。これらにより、バストの垂れやバランスの悪さを改善することもできます。

Read More...