バストアップは難しくない|膨らむ女性らしさを武器にする

バスト

豊かなバストにするために

女性

手術や注射

美容整形外科では、バストアップのための様々な施術がおこなわれています。特に高いバストアップ効果が出るために人気があるのが、プロテーゼを挿入するという整形手術です。具体的には、まずはバストに専用のバッグを入れ、次にそのバッグに液状のシリコンなどを注入します。それによってバッグが膨らむことで、バストも膨らんでいくわけです。そして、患者本人の脂肪を注入するという整形手術にも高い人気があります。バストは9割ほどが脂肪でできているため、そこにさらに脂肪を追加すると、バストアップ効果が出てきます。また、注射による施術もおこなわれています。具体的には、ヒアルロン酸という人間の皮膚や軟骨にも含まれている成分を、注射器によって注入するのです。これによって、やはりバストはふくよかな状態になるのです。いずれの施術でも、小さなバストを大きくすることができますし、さらに垂れたバストの形を美しくすることもできます。また、左右のバランスのとれていないバストの場合、それを改善し左右の大きさや形をそろえることも可能となっています。そのためバストに関する悩みを抱えている多くの人が、美容整形外科でこれらの施術のいずれかを受けることで、コンプレックスを解消しています。

それぞれの施術の特徴

それぞれの施術は、方法が異なっているため、効果の出方も異なっています。たとえばプロテーゼ挿入による整形手術の場合、大きなバッグを挿入し、そこに多くのシリコンを注入すれば、それだけ高いバストアップ効果が出てきます。元のバストから2〜3段階サイズアップさせることも可能となっています。脂肪注入による整形手術の場合も、やはり注入する脂肪の量によって、バストアップ効果の高さが決まってきます。さらに、注入する脂肪は、患者のウエストや太ももなど、脂肪が多くついている部位から採取されることが多いです。つまりこの方法を選択した場合、バストアップ効果だけでなく、ウエストや太ももなどにおける痩身効果も出てくるというわけです。注射によるヒアルロン酸注入は、整形手術ではないため施術が比較的短時間で終わることが特徴です。注入する量にもよるのですが、早ければ10分ほどで施術が終わります。注入する量が多ければ、かかる時間は多少増えますが、その分だけバストアップ効果も高くなります。また、プロテーゼ挿入によるバストアップ効果は、半永久的に続きます。脂肪注入の場合は、脂肪が定着すれば、やはり効果が半永久的に続くことになります。ヒアルロン酸注射の場合は、2〜3年で効果が薄れていきますが、定期的な施術により膨らみを維持することが可能です。